ほくろは簡単に取れる

整形

顔や体のほくろがあることに悩んでいる人がいますが、そういった人にほくろ除去が人気です。人気の理由はその手軽さにあります。ほくろとは一種の皮膚にできる腫瘍です。ほとんどは良性のものです。ほくろ除去はこのほくろを取り除くのです。方法としてはメスを使うものや除去クリームを使う方法があります。レーザー治療の手順としてはまず、皮膚科又は美容外科へ電話をしカウンセリングの予約をします。カウンセリングではほくろの状態からどのような治療が最適かを決めます。レーザー治療が不可能な場合は外科的治療を検討します。レーザー治療が可能となった場合は次回通院時に治療を行います。ほくろ部分に麻酔クリームを塗りレーザーでほくろを焼きます。時間はほくろの大きさや深さ、一度に取るほくろの数によりますが小さいものだと5分から10分で治療は終わります。その後、ほくろ除去をした箇所に専用軟膏を塗り上にテープを貼ります。傷を治すようにかさぶたができ治るのを待ちます。テープは肌色のものや材質が目立ちにくいものもあります。個人差はありますがおよそ3週間で傷は治ります。レーザー治療は少しでも傷跡を少なくして除去しようとするものなので一回では取りきらず複数回にわけて治療します。治療後によりできた赤みが消えるのを目安に3カ月から6カ月後に次回の治療を行います。値段は1ミリのほくろ除去一回で5000円から一万円と安価です。レーザー治療の良さは肌への負担が少ない点です。メスや電気メスのような外科的手術に比べて傷の治りが早く、仕上がりがきれいです。このように治療時間が5分から10分と短く、価格も安いのでほくろの除去が近年流行っています。

ほくろ除去をする際に気を付けることでより安全に除去できてなおかつ仕上がりがきれいになる方法があります。まず1つ目がほくろが良性か悪性かを見極めるということです。ほくろはほとんどが良性ですが、稀に悪性のものもあります。良性のほくろは除去しても身体的に問題ありませんが悪性の場合は注意が必要です。悪性かどうかの判断の仕方としてはほくろが急激に大きくなったり出血していたり色が変わってきて周りがぼこぼこしている等があります。ほくろ除去を行っている美容外科では治療の前にカウンセリングを行っているのでその際にきちんとほくろの大きさをみて必要があれば別途検査することでより安全に治療を受けることができます。次に2つ目は治療後のアフターケアを充分に行うことで綺麗な仕上がりを手に入れる事ができます。アフターケアとして大切なのは乾燥させないということです。治療後に除去箇所にテープをしないと傷が乾燥してしまい、乾燥した状態でかさぶたができてしまいます。そしてそのかさぶたの下で新しい皮膚が形成されてしまいます。そうすると、かさぶたがとれたときに凹んだままになってしまうのです。炎症止めの薬や美白剤を塗り、テープを貼ることで乾燥を防ぎ綺麗に治すことができます。また、医院によっては除去後の赤みを早くひかせるレーザーや万が一生じてしまった陥没に対しその凹みを持ち上げるレーザーを照射してくれるところもあるのでそれらも必要な際は併用することでさらに綺麗な仕上がりに近づきます。