方法を理解しよう

顔の手入れ

ほくろというのは、誰しもにあるものです。しかし数や大きさなどはそれぞれですので、チャームポイントになると同時に、ほくろをコンプレックスに感じる人も少なくありません。そこでほくろ除去望む人も多いのですが、美容目的のレーザーでの除去というのは現在で保険適用外とされています。そのためほくろ除去には、多額の費用がかかってしまうことも少なくありません。そこで今後はこうしたレーザーでの除去にも、保険が適用されるようになっていくのではないでしょうか。というのもメスを使用した切除などでは、保険の適用が現在でもなされています。それをレーザー治療にも拡大させることは難しくはないはずです。たかがほくろと言えど、コンプレックスによって大きな心の傷となっている人も多くいます。酷い場合には、外出するのを躊躇してしまう人もいるのです。ですので全てのほくろに保険を適用させるのが難しいとしても、顔や手など人の目に付く場所と限定した形での保険適用なら有り得るのではないでしょうか。ほくろ除去によって性格が明るくなったという人も少なくありません。いつも俯いていた人が、顔を上げて歩くことを快感に思うことも多いです。そうしたことを考えると、ほくろ除去というのは見た目だけの問題ではなく、心のケアにも繋がるものと言えるでしょう。そうした面にも注目してもらえるようになれば、ただ美的な問題だけじゃないことも分かります。ですので心のケアを目的としたレーザー治療というのも、登場してきても不思議ではないような気がします。

ほくろと一言にいっても、その大きさや深さなどには違いがあります。そのため、適した方法でほくろを除去する必要があるのです。まずくり抜く形で行うほくろ除去というのは、ほくろの境界ギリギリの所を円形に切り抜いて取り除きます。皮膚そのものをくり抜いてしまうため、皮膚の修復率の高い顔などに適した方法となっています。6ミリ程度までの大きさならば、縫合する必要はありません。皮膚の治癒力を利用したほくろ除去のため、肌への負担が少ないのが特徴となっています。大きなほくろの場合には、ほくろの直径よりも大きく切除し縫合する方法が適しています。こちらは場所によっては、皮弁形成術などの手術が必要となることもあります。大きなほくろでも取り除くことができるといった特徴がありますが、縫合する方法するのため抜糸が必要となる方法です。このように切除する方法の他に、レーザーを使用したものも近年では人気が高くなっています。その中でも炭酸ガスレーザーを使用したものは、施術時間が5分程度と非常に短いのが特徴です。こちらは美容目的の場合は保険適用外となりますが、悪性のほくろの場合には保険を適用させて行うことが可能となっています。アレキサンドライトレーザーの場合には、悪性のほくろ除去には使用できません。ですので美容目的のみの方法となりますが、色を抜いて除去しますので半永久的に消すことができるといった特徴があります。また、ほくろの部分に毛が生えているものなどは、ほくろ除去と同時に脱毛も行うことができます。